【間違いない美味さ】吉野家の「裏牛丼」は是非一度体験すべし

2 min

\デ デ ド ン!/

吉野家の裏牛丼メニュー
どの組み合わせも美味しそう…否、美味しいんですよ!!!
ねぎの

ねぎの

こんにちは&こんばんは。ねぎの(@neginolog)です。

画像からの導入、失礼致しました。

2020年9月8日から始まった、吉野家の『これが噂の裏<ウラ>牛丼。』

パッと見ただけで
「あ、この組み合わせは絶対美味い」って分かるものばかりなんですよね。

特別メニュー期間はそろそろ終わってしまうかもですが、
今回の良いところは、通常メニュー+サイドメニューでいつでも再現出来てしまう点!

吉野家の営業部門、謳い方上手過ぎです(大好き)
スポンサーリンク

じゃあいつでもいいのか!と言ったらそうでもなくて

例えば、『アボチー牛丼』特別メニュー期間外に食べたい場合
サイドメニューに「アボカド単品」は無いので、
「エビアボカドサラダ」を注文→アボカドだけ牛丼に乗せる…みたいな感じになります。
チーズは単品があるので大丈夫。

アボカドを抜いたサラダも食べれば、野菜要素もフォロー出来て一石二鳥!ですが、
上記のように余計な出費をせず”裏<ウラ>牛丼”メニューを楽しみたい方は
お早めに吉野家へ足を運んでください
ね!

因みにわたしは、
“裏<ウラ>牛丼”メニューの中でも特に『アボチー牛丼』が好きです。
今日までに3回リピートした身としてお伝えしたいのは、

チーズ系メニューを頼むときは、必ず「つゆだく」にすべし!です。

【「つゆだく」とは】
どんぶりメニューで、肉汁を多めに入れてもらう注文方法です。
注文するときに一緒に言うと、無料でやってくれます。(注文の仕方例「牛丼を並盛、つゆだくで」)
「食べてる途中でご飯がパサパサする」「口に流し込みにくい」って方にお勧め。ただし食べるのに時間をかけ過ぎると米が汁を吸って膨張するという欠点も

カウンターから出てきた直後のチーズはあまり溶けていないのです。ほぼ固形です。
そこへ、どんぶりの下に溜まっている熱い汁をかけ、少しずつ溶かしながら食べる
自分のペースで出来るのもポイントです。

『アボチー牛丼』なら、更にアボカドとチーズのトロトロ具合が混ざって最高です。
しっかり肉!+さらに濃厚なの食べたい!って時には、是非お試しください。

わたしは、残業帰りなどで疲れてるときにはコレ食べてエネルギーを充てんします。
(深夜に高カロリー食!(自分の体への)背徳感がやばい…!)

まとめねぎの

まとめねぎの

あ、深夜帯に食べるときは自己責任でオネシャス!

今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク